シゾイドパーソナリティ障害の生存競争 Schizoid Personality Disorder

人工知能は人間よりも優しい存在になりうるか

シゾイドと全員参加

別館『スキゾイド雑記帳』も更新中です。 http://schizoid.hatenadiary.jp/

学校などで人前でプレゼンテーションをしなければならない場面が多かった記憶がある。クラスの40名全員が人前で話すことを強制される。これは課題という名目で全員が強制されるわけだが、今思えば違和感しかない教育方法だと思う。

人前で話すことや相手を魅了するためにパフォーマンスをしなければならない場面がどれほど実社会にあるだろうか。一部の営業職や仕事に傾倒する人々はそういう機会やスキルを必要としているかもしれないが、今はネットで発信ができる時代であり、必ずしも積極性とパフォーマンス性は求められない。だとすれば、それを全員に課すやり方自体がちょっと時代遅れであるようにも思える。

誰もが重荷であることを結構平気で強制するのが学校教育のありかたで、そろそろそういうのは見直した方がいいかもしれないと思うし、学校のせいで人生そのものが嫌になったり苦手なものに拍車がかかることはかなりある。学校はある意味すべての行動が公開処刑になるリスクを持っており、それを自覚せずに全体がまとまることだけを重視すると、弱者の精神崩壊は免れないだろうと思う。