スキゾイドパーソナリティ障害の生存競争

人工知能は人間よりも優しい存在になりうるか

シゾイドとケチな国

別館『スキゾイド雑記帳』も更新中です。 http://schizoid.hatenadiary.jp/



値切る文化があまり好きではない。価値のあるものにしっかりと対価を支払わない考えが馴染まない。支払いが済んだ料理に対して文句や批判を言ったり、おもてなしと呼ばれるサービスをタダ同然で受けられると考える風潮に違和感がある。

100円のおにぎりに対して100円を支払う。コンビニの店員は外国人で丁寧語もありがとうございましたも言わない。それを怒る人は多いけれど、それでいいと思う。100円しか払っていないのだから、100円相当のサービスしか受けられない。おにぎりの価値が100円なら、サービスの値段は0円、つまりサービスは期待できない。もてなされたければ金を払う。当然のことのように思う。

私は行ったことがないのでわからないが、水商売などでは入店価格以外にサービス価格というものがあるあしい。ある意味理にかなっていると思う。私は金を出してまで人とコミュニケーションをとらなければならない意味が分からないので、この手の店の楽しさがまったく理解できないが、タダでおもてなしを受けるという日本人の狂った常識からすれば、本体価格と付加価値を分離することはきわめて合理的だと思うからだ。