スキゾイドパーソナリティ障害の生存競争

人工知能は人間よりも優しい存在になりうるか

シゾイドと貯金

別館『スキゾイド雑記帳』も更新中です。 http://schizoid.hatenadiary.jp/


2014年に就労し、現在貯金が900万円ほどになった。国内一人旅や街歩き、家事全般が趣味で、それ以外のことにあまりお金を使うこともなく、実家暮らしなので、実家に入れる生活費と日々の食事代、趣味に使うお金を差し引いて、月に6万円~10万円を貯金続け、賞与関係は全額貯金している。

実家暮らしというのが相当に恵まれている環境であることは間違いないが、お金を使うことでストレス発散のような考えがあまりなく、承認欲求もないので着飾ることもしないから散在することがない。せいぜい交通費で贅沢をする程度だ。

このまま独身の場合は給料がまったく上がらなかったとしても、40歳までに4000万の貯蓄になるし、高確率で早期退職が可能だと思われる。結婚したとしても子供を持つ気持ちは全くないので、概ね必要なお金の見通しはついているところ。

だとしたら、今こんなにストレスを溜めて総合職・正規労働者として組織にしがみついている必要は何なんだろうと思ってしまう。平日5日間を全部犠牲にし、混雑した休日にしか外出できない生活。昇進や昭和までの普通の人生を歩みたいなら別だが、そうじゃないならあまりメリットを感じない。

結局、世の中の支配的価値観や世間体、家族の目線を理由に、無難な忍耐街道に自分自身が没入しているだけなのだ。それに全くの価値を感じない私みたいな人間でも、表面上は極普通の成人男性としてふるまっている。失笑レベルのお芝居だ。