スキゾイドパーソナリティ障害の生存競争

人工知能は人間よりも優しい存在になりうるか

シゾイドと反動

別館『スキゾイド雑記帳』も更新中です。 http://schizoid.hatenadiary.jp/


土日に電車に乗ったり街に出ると、マナーの悪い学生や公共の場所で大声で喋る客、列に割り込みしたり舌打ちをしたり些細なことでキレたりする通行人を見かける。私が利用する小田急線では、圧倒的に土休日の方が車内の治安が悪いという印象を受ける。

以前、シゾイドと対価という記事で、新宿駅で理不尽な客に遭遇したという話を書いたが、今回も同じ時間帯に新宿駅から下り電車を利用した。今回は前回の学習があったので、事前にロマンスカー(座席指定制の特急)を予約していた。

しかし、残念ながら隣の席に煩い学生が乗車してきて、足をゆすったり体を動かしたりと終始落ち着かない様子だったため、その振動がこちらにも伝わってきたしなんとなく居心地がよくなかった。席がセパレートならいいのにとそう思ってしまった。

新幹線も同様だ。繁忙期には全席指定の列車に未指定で特攻してくる家族連れや、車内で大きな声で喋っている老人たちが増える。別に道中だからいいと思うが、人迷惑なレベルだとさすがに嫌だし、だからといってその人たちに何かいうのも危険なので、必ず繁忙期は臨時便のグリーン車を使うようにしている。ここまですれば確実にパーソナル空間の安泰が保証されるからだ。

ちょっと話がそれてしまったが、土休日の街や人の様子には、ある意味、平日の抑圧された生活に対する反動のようなものを感じる。土休日だから何も自分たちを縛るものがないし、思いっきり暴れまくろう!みたいな空気を感じる。なんだか土日に外出するのが億劫になりそうだ。

とはいえ、街の散策が好きなので、今後も、交通事情をリサーチしながら、できるだけ人や雑踏に遭遇せずにのんびり楽しめる場所を都市空間に探していきたいと思う。