スキゾイドパーソナリティ障害の生存競争

人工知能は人間よりも優しい存在になりうるか

シゾイドと性別

男性と女性という性別がこの社会には存在する。そのどちらかに所属しなければならないという暗黙のルールが支配的だ。私もその一方に所属している。ただ、どちらの性をとっても、その一般的な傾向に当てはまることが極めて少なく、もはや第三の性別を用意した方が良いのではないかとさえ思えるときがある。

男性の好む話題に全然ついていけない。宴席などで男性だけになったときに、必ず話題になる「仕事の話」「政治の話」「人間(人脈や肩書)の話」そして「女性の話」がある。私はこのいずれにも関心がなく、ただ飲食や趣味の話をして適度な距離を保ちながら無難に終えたいタイプだ。

だとすれば女性の方が合うのかもしれない。ただ、女性も集団になると男女の話で盛り上がるし、ファッションなどの話はまったくついていけないので、これもまた長い時間のおしゃべりにはついていけなさそうである。結局、片方の性別が集団で雑談をすると、どんどん話が深くなっていくし、パーソナルな領域に侵入しやすくなるということなのだろう。

個人で見たらどうだろう。1対1や少人数で食事をするなどを想定してみる。これを考えると、男性でも女性でも変わらない気がするが、男性の場合はやはり(私と同性なので)、仕事や社会的地位、通過儀礼の話をするだろうし、女性の話をしたがるだろうから、ちょっと面倒臭い。

一方、知り合い程度の女性であれば、いたって平和な会食に終わる可能性がかなり高い。向こうも私と必要以上に距離を縮めようとしてこないし、私もそういう気持ちはないので、程よい感じに食事や趣味や余暇の話題を交わすことができる。

いずれにせよ、ポイントは「程よい距離感」にありそうだ。そしてそれは異性同士の方が作りやすい。一期一会とまではいかないにせよ、その食事の場だけの関係、くらいの付き合い方をすれば、平和な関係・楽しい関係が持続する。何かを変化させようとすると、拗れる可能性が高い。イチイチ恋愛や男女関係につなげたがる人にはこれは当てはまらないかもしれないが。