シゾイドパーソナリティ障害の生存競争

人工知能は人間よりも優しい存在になりうるか。

シゾイドと甘え

 基本的に他人には寛容です。自分に厳しく他人に厳しくといった世界は窮屈で息苦しいですから、他人には徹底的に寛大に接します。そして他人が自分に厳しくならないように誘導することも欠かせません。そうやって「穏やかな関係」を定着させていくことで平和を維持します。

 家族、友人、知人やパートナーにも寛容です。相手のいうことを否定しませんし、どんな意見にも言い分があると思っていますし、差異は宿命だと思っています。自分の意見と違っても議論で一方を正当化することはしません。衝突するくらいなら適当に譲歩します。相手が怠惰な性格であったりルーズでも怒りません。唯一反対の意思を見せるのは「攻撃」行為があったときです。侵略的攻撃は人間関係の平和を乱すので、その防止には妥協を許さないようにしています。

 同僚が仕事をしないとか、友人と話が合わないとか、妻・夫が家事をやらないとか、そんなことどうでもいいじゃないですかと個人的に思います。同僚が仕事をしないのならば自分がすればいいし、残業してまで背負わなければならないことはしなければいい、話が合わない友人に憤りを感じるなら付き合い方を変えたり付き合う相手を変えたりする、妻が家事をしないなら自分が家事をするか、家事をしない人とは結婚しないという具合に、適当に諦めてしまえば自分も相手も楽です。

 誰かの甘え行為に対して批判しても、相手が病んだり怒ったりおかしくなってしまうだけで、結局自分もすっきりしないと思います。他人に怒りをぶつけても他人は他人ですから自分の思うようにはいかないですから、どうせ変わらない結果のために喜怒哀楽をむき出しにしてエネルギーを消費することや険悪な空気を作ることに意味があると思いません。だったらすべてをほどほどなものとして受け入れ、他人に甘くなる代わりに自分もそこそこ力を抜いて生きてみてはどうでしょうか。

 全員で厳しさを共有する今の社会はいきづらいです。自殺者も多いですし、こんなに人が自殺する先進国は日本だけでしょう。社会や世間のプレッシャー、親のプレッシャー、配偶者のプレッシャー、こうあるべきだとかあああるべきだとかこうじゃなきゃいけないとか、そんなことのために命を落としたらもったいないと思います。命以上に大切なものはないです。それを失うくらいなら厳しいルールや崇高な理想を全部捨てた方が遥かにマシです。それを捨てても死にやしませんから。

 スパルタ教育とか根性論って、何の意味があるのでしょうね。スパルタ女子校とか私立にありますけど、自由奔放で私服で学校さぼり放題の公立高校の方がよほど大学受験やその後の人生で適応できている例は山ほどありますし、いい加減「根性論」や「苦労至上主義」「厳しさ至上主義」はやめたらどうかと常々思います。誰も幸せにしないいがみ合いの社会を続けるより、肩の力を抜いて自分も楽をして他人にも余裕をもって接したほうがいいと思うのですけれどね。