シゾイドパーソナリティ障害の生存競争

人工知能は人間よりも優しい存在になりうるか。

シゾイドと進路選択

 シゾイドにとっての進路設計はかなり重要なものでしょう。対人関係に困難を感じたり苦痛を感じたりする傾向が強いのであれば、できるだけそういったリスクを回避する必要があるからです。そういう自分の性格に早期に気づいた場合は色々な進路設計ができますし、職業の大枠が確定する大学受験の前に自己分析ができれば理想だと思います。

 残念ながら私にはそれができませんでした。高校時代終末期には私はまだ友人関係を保持していましたし、自身がシゾイド傾向にあるという事実に鈍感でした。あるいは、シゾイド的性格を持つのは好ましくないものだと思い、意図的にそうじゃない自分を作り出そうとしていたのかもしれません。大学生活も大衆のような楽しみ方をしようとしていましたし、率直な気持ちに反することを試みて、結果的に、大学進学後に就職が迫ってから取り返しのつかない現実を認識したのでした。

 シゾイドの場合は、とにかく対人関係さえ何とかすることができれば、あとは乗り切ることができます。つまり、トラブルが起きにくい環境に身を置き、それを恒常的なものとすれば、将来は安泰であるように思われます。決まった仕事、決まった平和な人間関係、決まった拘束時間など、ルーティーン化された環境に囲まれることが、長期スパンで労働社会を生きる道なのではないかと思います。

 これを獲得するにはかなりの努力が必要で、たとえば業務独占資格を武器に自分自身を売り手市場に持っていくような実力が求められます。組織にしがみつかなくては生きていけない状況になってしまえば、その組織で虐げられてしまえばおしまいです。嫌なことや苦しいことから、先々の安心を確信しつつ逃げ出すことができる武器を、できるだけ学生時代に作らなければなりません。何度も言いますが、私はそれができませんでしたので、対人折衝が多い労働に胃薬を飲みながら耐えています。

 どこの組織に入っても、コミュニケーション能力は求められると誰もが言います。それは事実でしょう。ただ、コミュニケーション能力という定義があいまいで、業務を遂行する上での意思疎通ができることと、連日の接待や懇親会に耐えられる・楽しめる能力では全然違います。積極的な性格じゃないと働けない、生きていけないというのならこの世は自殺者だらけになるでしょうし、少子化も今の比じゃなくなるでしょう。暗かったり消極的だったりおとなしかったりする人も社会のどこかで生きていますし、生きる権利を与えられています。

 したがって、付加価値的なコミュニケーション能力が生きていくために絶対的に必要だという脅し文句に流されて、大衆と同じ進路、文系から民間企業を漫然と目指すという進路を選択するのは極めて危険です。つぶしが利く、追い込まれてしまったときにバッファー機能を発動しやすいなどといったセーフティーネットをきちんと身につけておくことが重要だと思います。