スキゾイドパーソナリティ障害の生存競争

人工知能は人間よりも優しい存在になりうるか

シゾイドと渋谷の朝

人身事故でダイヤが乱れるときの乗客や世間の苛立ちが凄まじい。特に犠牲者、死亡者に対する怒りを感じるメッセージや投稿が多い。目立たないところで死ねだの社会に迷惑かけるなだの攻撃的な文面をよく見る。自殺者も社会の犠牲者であり往々にして外部要因…

シゾイドと抗議文化

問題発言に対して抗議やバッシング、批判をする際に、それが何の目的なのかを忘れないようにしたい。個人的な感情の発散で何かをバッシングすることは好ましいことではないからしないとして、理屈で考えておかしいと思ったことや矛盾点を発見したときに、自…

シゾイドと興味喪失

昔から私は団体生活で浮いていた。浮いていたことを周囲に漏らさないようにしていたし、自らの感情を表出することをしなかったので、何か危害を加えられたりしたことはないが、とにかく学校というものが楽しかった記憶がない。行事・式典など、固定メンバー…

シゾイドと上司

部長と究極に相性が悪く、かなり苦しい時間を過ごしている。相性が悪いというのは別に仲が悪いという意味ではないし、特に何か衝突することもない。ただ、部長という人間の存在・考え方・行動の仕方のすべてが私にとって気持ち悪い、恐怖、不気味といった、…

シゾイドと怒り

学校の部活や行事、体育の授業、そして労働やサークル活動など、集団行動をすると必ず仕切る人間が現れて、何の権限もないのに対等な人間に対して命令口調で指示を出したり自分の喜怒哀楽をぶつけたりしますが、いったい何なんでしょうね。 怒るくらいなら今…

シゾイドと固定

閉鎖空間に固定されるのがあまり得意ではありません。飛行機や混雑した電車、イベント会場、映画館など、人が密集しているところで、かつ、自由に区画の外に出ることができない時間が持続する状態にあまり耐えられそうにありません。 昔はそんなことなかった…

シゾイドと打ち合わせ

事務職でよくある「打ち合わせ」という行事。だいたいがどうでもいいこと、紙に記載してあることを確認すれば済むようなことをわざわざ人数分印刷して下っ端が上司に朗読して説明し、結論が分かっているようなことについて上司からマウンティングされたり、…

シゾイドと命令形

昔から学校に意味の分からなさを感じていましたが、最も意味不明だったのが、同級生なのになぜか他人に命令口調な人がいたり、理由もなくその人に支配的な態度をとる人が多かったことです。文化祭などの行事の実行委員や体育での集団行動、レクなどでなぜか…

シゾイドと感謝

私は一人で電車や自動車で旅をするのが好きなので、普段も小さな時間ができた時に自分で出かけることがありますし、ネットで他人の動画を見ることも多いです。 旅動画やネットコンテンツを作ってくれている人に感謝しています。そういう方のおかげで自分もこ…

シゾイドと組織活動

部活動やサークル活動、行事への参加などを一切避けてきたためか、組織活動にまったく関心を持てない人間になってしまいました。一対一の友達付き合いなどは多少ありますが、大人数で集まって何かをするということや、そうした組織の目標を達成するというこ…

シゾイドと他人

趣味や自己満足できる楽しみがない人は、他人を自分の思い通りにしたり、他人に期待を寄せてそれを叶えることに執着しすぎて、心が乱れることがありそうです。 恋愛依存症やチームワーク依存症なんかはまさにそれで、他人を思い通りに動かしたり誰かと一緒に…

シゾイドとテレビ

テレビをほとんど見ません。人間社会に疲弊しているのに、家に帰ってからも人間関係模様を見たくないという極めて単純な理由からです。 飲食系や旅行系の番組を見ることはありますが、それ以外はニュース以外ほぼみませんし、ドラマやバラエティは現実の人間…

シゾイドといいね

SNSによるいいね文化が浸透し、それが承認欲求の際限ない拡張だと揶揄されることもありますが、個人的にはそういう否定的な解釈ではなく、それを実社会でも活用する方向にもっていければいいんじゃないかなと思っています。 お互いにみんな他人から認められ…

シゾイドと文句

文句を言うのがあまり好きではありません。仕事の文句は仕方がないでしょうが、人間関係に文句を言う行為はあまり賛同できません。もちろん、そういう悩みに苦しんでいる方の気持ちはお察ししますが、たとえば恋愛・夫婦関係・友達関係などに延々と愚痴を言…

シゾイドと評価

今まで数字にしか評価されたことがなかったので、人間が人間を評価するという就職面接の世界観・価値観に触れたときにそれをどうしても受け入れられなかった。まともに面接を受けたのは3社だけで、その他はおふざけや知人が受ける面接の事前リサーチを請け負…

シゾイドと金の話

時間拘束されることが随分と苦痛になってきました。いい加減嫌になってきたといっていいですね。5年前は1年間就職浪人という名の放浪していましたから、その時の時間的自由を考えればよくここまで束縛された生活ができたというものでしょう。死んでもおかし…

シゾイドと健康寿命

日本人の国技は相撲ではなく労働だと思う。労働にこれだけの精神と全体主義的な秩序を適合させる民族は日本だけなんじゃないだろうか。すべてが労働前提、労働前提の予定・余暇・家庭など、すべてが労働や社会に貢献することを前提として組まれている。 寿命…

シゾイドと逃げ道

新学期になると学校に行きたくない人たちへという類のタイトルで、図書館などに逃げていいというメッセージを見かける。個人的にこうした救済メッセージには好感が持てるし、自分自身も学校に行きたくないことなど年中だったので、こう語りかけられたらおそ…

シゾイドと文句人生

愚痴を言いながら毎日ストレスを溜めつつ世間体に配慮した人生を送って、それで病気になって死んでいく人を介護したりしていると、他人や世の中を言い訳にそれに覚えながら人生を消耗することに恐ろしさを感じます。 私も大学まで一般的に進学し就職している…

シゾイドとやむを得ない労働

精神を病まないように心がけています。そのために他人や社会に期待しないようにしていますし、仕方のないことは即座にあきらめて最も苦しみが少ない方法を模索します。たとえば連休が終わって次の日が労働だと死にたくなるほど憂鬱になることもあるでしょう。…

シゾイドと食卓

食事中にテレビドラマやテレビを見るのがあまり得意ではありません。ドラマの険悪なシーンやトーク番組のくだらない話などを聴くと、現実の人間関係の息苦しさがそのまま食卓に体現されるような気分になるからです。 これを主張してもなかなか理解されないの…

シゾイドとBIR

ベーシックインカムの早期実現を熱望しています。賃金や雇用に依存し、その継続が途絶えることに怯えながら生きるライフスタイルに疑問を感じますし、労働や組織や国家経済のために人間が生誕するのだとすれば、私は反出生主義を唱えざるを得なくなってしま…

シゾイドと貯金

2014年に就労し、現在貯金が900万円ほどになった。国内一人旅や街歩き、家事全般が趣味で、それ以外のことにあまりお金を使うこともなく、実家暮らしなので、実家に入れる生活費と日々の食事代、趣味に使うお金を差し引いて、月に6万円~10万円を貯金続け、…

シゾイドと反動

土日に電車に乗ったり街に出ると、マナーの悪い学生や公共の場所で大声で喋る客、列に割り込みしたり舌打ちをしたり些細なことでキレたりする通行人を見かける。私が利用する小田急線では、圧倒的に土休日の方が車内の治安が悪いという印象を受ける。 以前、…

シゾイドと性別

男性と女性という性別がこの社会には存在する。そのどちらかに所属しなければならないという暗黙のルールが支配的だ。私もその一方に所属している。ただ、どちらの性をとっても、その一般的な傾向に当てはまることが極めて少なく、もはや第三の性別を用意し…

シゾイドと高校

高校時代、一つ上の学年の、ある生徒Aが悪ふざけをしていて、同級生である生徒Bに深刻な怪我を負わせたことがあった。命に別状があったり後遺症が残るようなものではなかったが、しばらく休まなければならない程度のものだった。学校は、その悪ふざけをして…

シゾイドとディストピア

無駄をなくすという行為は嫌われやすい。定例の会議、ベーシックインカムではない間接的な経済政策、人間による行動が最高とされる人間至上主義、作られたおもてなし文化の裏にあるブラック労働、社員を大切にしないブラック企業の社会貢献事業など、明らか…

シゾイドと祭事

テーマパークに行こうと、幼馴染に誘われている。個人的にテーマパークは苦手だ。あのへんな一体感、日常ではありえない人間の一体感や幸福の体現が、どうも作られた芝居に見えてしまう。人混みも苦手だからなおさらだ。しかし、テーマパークが苦手などとい…

シゾイドと幸福追求権

以前に比べて鬱病や自殺が目立つ。これを世代の弱さだと主張する人間がいる。それについて否定するつもりはないし、勝手にそう思えばいいと思う。ただ、私はそういう考えは持たない。たとえば、30年前の日本では、紙の書類を作るだけの仕事が正社員の仕事だ…

シゾイドとリスクヘッジ

労働や社会のリスクについて、日本の学校では学ぶことができない。社会や人間は理性的なものだという前提で、その完全性を軸に話が進んでいく。だから「社会で活躍できるように」とか「社会でうまくやっていけるように」という言葉が飛び交う。 社会が不完全…